会社辞めたい。→辞めた。既婚30代ローン有り、子持ちの場合

辞めるには危険な時期。30代既婚、住宅ローン有り、子持ちの状態でサラリーマンを辞めるまでの道のり。

*

仕事内容に意義を感じなくなった。会社の将来性が無いと感じてしまった。

   

自分が会社を辞めようと思った最大の理由はこれだ。自分は基本的に仕事が嫌いではない。「サラリーマンであること」には疲れてしまったが「労働」そのものには意欲的であるし、やりがいも楽しさも見いだせる。

だが色々と積もりに積もった思いが会社を辞める方向に自分を動かし続けた。辞めようかな?と思ったのは実は数年前と結構前からで、やめる要因が最近立て続けに私に降りかかった。そして私が参加するプロジェクトがトリガーになって決心に至った。

基本的に立場が上になれば実行できる権限も大きくなる。その分自分のやりたいことも増えていくのではないか?やりがいを見いだせるのではないか?と思っていた。自分でもどこかで気が付いていたが完全に甘い考えだ。

確かに権限は持てるし、出来ることは増える。その分自分だけの責任では済まされないことも増える。雪だるま式・・・というか雪崩のように関わった人全てを巻き込む災害のように。そのくせ大して見返りは増えない(ここは私にとって重要ではなかったが)

つまりセオリー通りに保守的な行動しか出来なくなっていくのではないか?せっかく現場で養った知識や技術は活かす機会は無くなるのではないか?確かにマネジメント職にありながらプレイヤーに徹するのはやってはいけないことだ。

出世して人の上に立つとはそういうことだ。人をマネジメント出来るマネージャーこそが優秀である。そのとおりだと思う。

だがこの会社で出世して上に上がることは自分にとって魅力的なことだとは到底思えなかった。出世を目指している同期や周りの人間に聞いてみたかった「出世して何がしたいのか?」と。

そんなことは聞けない。逆に聞かれるだろう。「お前こそ出世しないで何がしたいの?一生プレイヤーとして現場で働くの?」と。私はこの質問に答えられないのだ。答えが出なかった。

その時点で気が付いてしまった。もうこの会社で自分が本気で仕事を出来ることは無いと。残りの人生がどれだけ有るか分からないが人生において「仕事」とはかなりの時間を占める。

私は仕事にやりがいも感じていたいし、生きがいの一つにしたい。仕事人間になるという意味ではないが人生における時間の大部分を占めるのに「この先の仕事を一生、我慢や妥協」で過ごすことに決めてしまって本当に良いのか?と自問自答した。

人生は1回しか無いぞ。と心のなかでもうひとりの自分が訴える。

「1回だからこそ辞めて失敗したくないんじゃないか!」と思わず声に出てしまった。

そう。人生は1回しか無い。リセットしてセーブポイントから再スタートは出来ない。「だからこそ」辞めることが失敗になる可能性を恐れるんじゃないか。おそらく会社を辞めなければ仕事以外の面では安定した生活が送れるはずである。

もしかしたら希望観測ではあるが新たなやりがいを発見するかもしれない。今が辛いから何かと言い訳を作って会社を辞めようとしているだけではないか?これは逃げなのでは無いか?色々と考えた。

独身だったらここまで悩まずに辞めることが出来たと思う。私は既婚であり子供も居る。私は家族を大切に思っている。

お金なんてなくても何とかなるもんだ。なんて微塵も思わない。自分が生まれた家庭ではお金が原因でかなり大変な思いをしたので、お金が無ければしなくてもいいような下らない争いが発生し、心が貧しくなり、視野が狭くなるということを身をもって知っている。

少なくとも私の知る限りの「人間」は悲しいことにお金がなければ心は豊かになれない。それは家族の不和を招き崩壊をもたらす可能性が高く、子供の将来を狭くしてしまったり閉ざしてしまう事に直結しかねない問題となる。

お金なんて無くても何とかなる。という人はお金がないことによって発生した争いに遭遇したことがないのだろうか?価値観の違いかもしれない。しかし自分が良くても周りには不快に思っている人は大勢いるだろう。「お金なくてさー」の言い訳が許されるのは学生時代までだ。

会社を辞めようと悩んでいる30代で既婚で子供が居る。住宅ローンがある。という条件に当てはまる人はかなり多いのではないかと思う。大抵の人が自分と同じような自問自答を繰り返しながら「辞めない」選択をするのだろう。

モチベーションの拠り所を「家族の為」にしてしまえば頑張れる。それを理由に「社会の歯車として回る」という選択もまぁしょうが無いのでは無いだろうか?そう思って頑張っている人も実際多いのだろう。

しかしながら家族だって人間だ。子供にも反抗期や自立するときがくるし、嫁にも更年期で苦しい時期が来るかもしれない。そんな時に「家族」だけをモチベーションに自分を殺し続けることが出来るのだろうか?

そう考えた時に自分の背筋が凍る思いだった。もしもそうなった時に私は自分を保てる自信がない。家族のために頑張って来たのに!と自分の選択ミスを家族のせいにすれば気が収まるのだろうか?嫌な未来予想図だ。

その時点で私は転職する気力も起業する気力も失われているだろう。考えたくないが生きている意味が見出せないのではないか?とも思った。

案外、自分の人生を大切にしないことのほうが家族を不幸にする選択なのではないか?だからこそ会社を辞めるときの準備をしていてよかったと感じた。

そう。私は簡単に辞めたいから辞めます。というだけではなく数年前に会社を辞めたほうがいいかもと感じた時に「会社だけに人生を預けるのは危険だ」と判断し準備を行っていた。万全とは言わないが会社を辞めても生活できる術を持っているのだ。

だからこそ選択ができた。

コレが私の会社を辞めるもっとも大きな理由の話である。

 

 - 会社を辞める理由。