会社辞めたい。→辞めた。既婚30代ローン有り、子持ちの場合

辞めるには危険な時期。30代既婚、住宅ローン有り、子持ちの状態でサラリーマンを辞めるまでの道のり。

*

派閥争い、媚売り、ゴマすり、立ち回りで出世するというサラリーマンの当たり前の日常。

   

会社を辞めようと決意してから、更に拍車をかけた事がこれだ。

いわゆる権力のある上司に気に入られれば出世出来るという「サラリーマンの当たり前の日常」を明確に意識してしまった。こんなことは社会人になる前からある程度分かっていたし、実際に社会人になってからも実感していたし分かりきっていたことだ。

何を隠そう自分自身、権力のある上司に気に入られて早期出世を果たした一人だ。

自分の場合は媚を売ったわけでも、ゴマを擦ったわけでもなく、その上司の部下として上司の実績となるような仕事をし続けただけだ。たまたま自分のために努力した事がうまく繋がっただけ。

その上司は自分だけの手柄とせずに私におすそ分けをくれたということだ。その真意の中にコイツはまだ使えるから甘い汁を吸わせてやろうと思われていたのか、本当に可愛がられていたのかは分からないが自分にとっては大した問題ではなかった。私もその上司は嫌いではなかった。

実力というものが純粋に評価される期間というものはサラリーマンは非常に短い。純粋に評価されるという言い方はおかしいかもしれないが、プレイヤーとしての評価だ。

プレイヤーでも自分自身をマネジメントする能力は必要だが、ある程度年次を重ねると部下をマネジメントする、周囲を巻き込んでマネジメントする能力が個人の評価として大きくなってくる。

簡単にいえば自分自身のプレイヤーとしての能力がクソ以下でも、部下と周囲を上手く使って(マネジメントして)実績を上げて自分の手柄にする事が出来れば評価されるというわけだ。この考え方は自分は好きではないが、あながち間違っているとは思わない。

もちろんプレイヤーとして優れた実績を残した人について行く人が多いので、マネジメント能力が優れている人の中にはプレイヤーとして第一線で優れた実績を残した人が多いのも事実。ただしさっき説明したようにクソみたいなプレイヤースキルしかなくても上手く実績を上げる人もいる。

これはこれで誰にでも出来るわけでもないので一種の才能、スキルとも言えるので「あながち間違えではない」と表現した。ただし繰り返しになるが好きではない。というか大嫌いだ。特に部下の実績を自分の実績のように上司に雄弁に語る奴は何を考えているのかと思う。

今更こんなことが「会社を辞めたい」と思う原因の一つになるのかというと、そんなアタリマエのことで・・・会社やめないでしょ。と思う人が大半かもしれない。私もこれだけで会社を辞めるとは言わない。

会社上層部の想像を絶する権力争い。手柄の奪い合い。

今回重要なプロジェクトに関わることになったおかげで普段関わらないような役員連中の話を聞いたりする機会が多くなった。そこで気がついた自分が想像しているよりドロドロした上層部のやり取り。

精神的に疲れている自分にとって「サラリーマンであること」の意味を深く考え絶望するには十分だった。

プレイヤースキルもクソもない。どの派閥に与するか、誰を慕い媚を売るか、敵対せずに上手く立ちまわるか、はたまた休日には接待ゴルフに付き合うのか。

「それを上手くやるのがサラリーマンだ」と自分の立ち回りを豪語する上司が居た。開き直りだろうか?

実際にその上司は「神業」と思えるようなゴマすりが特技で出世していた。ある意味サラリーマンの鏡である。素晴らしい。私には出来ないと思った。

この上司は多分何か責任を取らなければならない自体が発生したら、すかさず部下の責任にする方法を最新CPUも真っ青な演算能力ではじき出し、無理だと悟れば最適なタイミングでスライディング土下座を繰り出すだろう。

そういう男だった。ある意味「漢」だ。

それが彼(上司)にとっての「仕事」になっているのだから。それだけでやって行けているのだからチートスキルだ。

私は人生における時間の大部分を占める仕事というものをある程度の「やりがい」を持って行きたいと思っている。仕事は嫌いではないがよく言われている「仕事は我慢の対価」という考え方は・・・生き方は出来そうも無い。

もう自分のプレイヤースキルが試されることはないのだ。奇策もアイディアもデータでの裏付けも、自分自身で積み重ねることに大した意味はなく、ひたすら上手く立ちまわるための事に自分のキャパシティーの大半を消耗する毎日。

そんな将来が頭にこびりついて離れない。自分はもう駄目だと思った。

プレイヤースキルだけで反社会勢力を気取るのは中間管理職まで。

もともと私は「上司と敵対しやすい」タイプだ。昔は感情的に敵対した事もあったが、最近ではデータ収集や作戦を練って裏付けと実績を挙げたで上司に反論したりしていたから非常に嫌なやつだろう。

会社とは組織だ、個で動くものではない。組織としての効率を考えて動いている以上は実際このやり方が正しいとも思わない。

上手く私を使ってくれる上司も居たがいわゆるマネジメント能力だけでやりくりしているような上司は敵対するか、全く干渉してこないという感じになっていた。そのおかげかで部下には慕われていたと思う。

ただこういうやり方にも自分の立場が変わってきて限界を感じていた。ここ2,3年は特に以前より攻勢に出なくなっていた。

いや、攻勢に出るのことで周りに発生するリスクを考えてしまって出来なくなっていたのだ。

永く会社勤めをしていると色々な部署と関わりができて、クソ生意気な私でもお世話になったと感じる上司も居るし義理も果たしたいという想いもある。自分がやらかしたら部下にも迷惑が掛かるかもしれない。

純粋なプレイヤーだった頃はそんなことを考えずに行動できたが、いつからか自分が雁字搦めになって保守的になったように感じていた。

信頼できる部下に「自分は丸くなって保守的になっていないか?」と聞いたことが一度だけあったが、その時帰ってきた答えは「かなり反社会勢力だと思いますけど」と返ってきた。

褒め言葉として受け取っておいた。

しかし確実に自分の思った行動が出来なくなっている。それは確実だ。

今回のプロジェクトを受けた理由も、やり遂げようとしている理由も大半がお世話になった上司の推薦があったから「顔を潰さないための義理立て」であったり、プロジェクトチームのパートナーたちに迷惑をかけないようにという想いがある。

こんな風に他人にモチベーションを預けている時点で・・・この会社のサラリーマンとしてやっていく上で、私は発揮できる能力の大半を失ってしまっていると感じた。いや、多分もう失ってしまっていたのだろう。

以上が私が会社を辞めると決意した想いに拍車をかけた事。

 - 会社を辞める理由。