会社辞めたい。→辞めた。既婚30代ローン有り、子持ちの場合

辞めるには危険な時期。30代既婚、住宅ローン有り、子持ちの状態でサラリーマンを辞めるまでの道のり。

*

大量の手汗が止まらない手掌多汗症と対処方法について

      2016/09/19

おや?なんか手汗が止まらないんだが?おかしいな・・・。それがはじまりだった。

手掌多汗症とは

多汗症の中でも手汗が大量に出て支障をきたす状態を手掌多汗症という。

ただの手汗に症状名が付いているとは思わなんだ。緊張時に手汗をかくのはごく普通。手に汗握るなんて言葉があるくらいなので人間の生理現象として異常ではないという事だ。

しかしながら手掌多汗症は、生活に支障をきたすレベルで手汗が出る状態を指す。いくら手に汗握る状態といっても滴下するほど手汗をかく人はそうそう居ない。

夏はともかく冬なのにマウスに水滴がつくほど手汗をかく。ペンを持つ指が手汗で滑る。テスト用紙がふやけて書けなくなるほど手汗をかいてしまう。

こういった明らかに異常レベルの手の汗の量、そして大した緊張レベルでないのに覚醒状態においてほとんど常時手汗をかいている。こういった症状がある場合は手掌多汗症と言えるだろう。

自分の症状の場合

私の場合は滴下するほどの手汗をかくわけではないが、少なくとも手を繋ぐことに抵抗が出来てしまった。マウスや机に手をつくなど密着状態になると細かい水滴状になって手汗が残る程度だ。

極リラックスした状態、寝る前など以外はほとんど常時。緊張、ストレスがかかった状態では発汗量は多くなるという状態。

まぁ自分の場合は結婚もしてるし家族には「アレ」以来なんか手汗が酷いと打ち明けた。

自分が抗不安薬を飲んで戦っていたことは不安をかけたくなかったので一切言っていないが、嫁さんとは長いので手汗の件は別段悩むことなく打ち明けた。

「なんかしっとりしとるわ(笑)」と言われた程度で別に気にしてなさそうだったが、恋人関係の時だったら私的には正直辛い症状だっただろう。

特別支障をきたすという程の症状とは言えないかもしれないが不快なことには変わりない。

現在制汗剤で結構いいレベルまで改善しながら日々の生活を送っている状態だ。

手掌多汗症をどうやって治療、対処するか

水滴が滴るレベルであれば私なら制汗剤を使って様子を見る→効果がなければボトックス→それでも効果が無ければ交感神経遮断手術。

水滴が滴るレベルなら間違いなく日常生活に支障をきたすので私ならこう言った順序で試してみる。

手掌多汗症に効果的な制汗剤について

塩化アルミニウム濃度が高い制汗剤を使用しないとほとんど効果が見られないことが分かっている。私の場合は脇汗に関してオドレミンという製品で一定の効果が見られたので手のひらに使用したが全く効果が感じられなかった。

その後AHCフォルテという高濃度塩化アルミニウム製品を見つけて使用したところ1週間ほどで効果を感じたので気になるときに使うようにしている。

塩化アルミニウム系の制汗剤を使用し続けると汗腺が退化したような状態になるとの見解もあり、単なる対処療法の製品ではなく最終的に治療的効果も得られるらしい。

同AMAZONでは塩化アルミニウム系と思われる制汗剤でサーテンドライという製品、テサランという製品もおそらく塩化アルミニウム系と思われる。

この2品に関しては私は使用したことがないのでサイト内の製品レビューなどを参考にするか検索で情報収集するかをお任せしたい。

ボトックス注射による制汗

私は最初脇だけだと思っていたのだが、どうやらボトックス注射による多汗症治療は手掌多汗症に対しても行われるようだ。

ボトックス注射とはかの有名な「猛毒」ボツリヌス菌を無害化した製品。無毒化したうえで実際には致死量の100分の1程度しか使用しないんだとか。

ボツリヌス菌のボトックス注射で死亡したとかの話も聞かないので安全性としては問題なさそう。

ただ注射と言えど、注射の深度を汗腺の位置に合わせないと効果が薄いなど、実は施術レベルによって効果が異なるようなのでクリニック選びは慎重にしたい。

恒久的な治療ではなく効果は4か月~半年程度らしい。金額は保険適応される場合で3万円程度、自由診療(保険なし)で6万~10万円くらい。

交感神経遮断手術

手掌多汗症に効果的な手術と言われているのが交感神経遮断手術。これに関しては脇の汗腺除去手術のように大手術にならないため実は私も本気で検討した時期があった。

私の場合は制汗剤で一定の効果が得られたので結局やらずじまいだが重症の場合は是非に検討したいところ。

注意したいのは、脇の手術で感染を除去する場合もだが、交感神経遮断手術によって発汗を抑制した場合、高確率でほかの部位からの発汗量が増える「代償性発汗」という現象が起きるそうだ。

抑制した汗が代わりに他の部分から発汗する症状だ。それがどの部分なのかは神のみぞ知るという状態らしいが多くは背中や太ももとからしい。

手術を決めるならクリニックでよくその辺の説明を受けたうえで検討する必要がありそうだ。

手掌多汗症のまとめ

  1. 手汗の量が尋常じゃなく多い
  2. 緊張していないにも関わらず常に湿っている
  3. 対処方法は3つの中から順番に検討
  4. 最初に高濃度塩化アルミニウム系制汗剤
  5. 次にボトックス注射
  6. 最後に交感神経遮断手術

対処に関する順番はコストとリスクを鑑みた優先順位。参考になれば幸い。

 

 

 - 病気