会社辞めたい。→辞めた。既婚30代ローン有り、子持ちの場合

辞めるには危険な時期。30代既婚、住宅ローン有り、子持ちの状態でサラリーマンを辞めるまでの道のり。

*

会社を辞めた!システム系IT企業の場合。どのように辞めたのかインタビューしました。

      2016/10/01

実際に会社を辞めた経験がある人にインタビューすることによっていろいろと見えてくるものがあるかと思い企画させていただいた。今回もブラック企業だ多いとされるIT企業関係。

「IT企業勤務」の私が会社を辞めた理由はこんな感じです~インタビュー開始。

「RE,~」は私のコメント。

職種はなんでしょうか?

某保険会社の傘下のシステム系(IT)会社でした。第二新卒で5年ぐらい勤めました。

ずばり会社を辞めた理由は?

仕事が自分に合っていなかったので辞めました。IT関係は男性社員が多くて、女性は出世しても係長やリーダー止まり。給料もボーナス込みで年350万円。ITの仕事にしては安いと思いました。

人間関係が最悪な職場で足の引っ張り合いなんて日常茶飯事でした。メンタル病んで鬱になる人も多かったです。自死した社員もいました。

結婚したら会社を辞める女性が多かったですね。職場結婚は少なかったです。

Re,インタビュー記事はじまって以来の壮絶な現場にドン引きですが、私の会社でも亡くなった人いますからね。うつ病長期休養の人も多いですし。うちもいよいよ末期かと思ってしまいます。

人間関係が悪化する要因は職場環境に原因がある場合も多いので、ある意味みんな精神を病んでいたのかもしれませんね。

どのような形で辞めましたか?(挨拶方法なども参考にしたいです)

この会社にいてもダメだと思ったので、辞めました。将来が見えないし、病んだり、潰れる前に辞めました。退職願いは簡単に受理されました。上の人や人事は「女」なんて辞めてもいい、替えはいくらでもいると思ったみたいですね。

Re,女性が男子と対等という職場はまだまだ少ないようですよね。うちの会社も体質が古いので女性への扱いが明らかに待遇悪いです。変えようと躍起になっていますが、一部の上層部は全く乗り気ではなく男尊女卑そのものですね。

退職願をうやむやにしたりする会社じゃなかった分マシと考えるべきなのか。

会社を辞めて後悔したことはありますか?どんな理由ですか?

次の仕事が派遣だったので、ボーナスがなくなってがっかりしました。

Re,やはり金銭面で最初から上手くいく転職は難しそうです。ただ派遣の場合は副業に関する縛りが緩かったりするので可能性は広がりますよね。他の方のインタビューでもありましたが割と派遣の待遇が良かったり人間関係の待遇が良かったりする話は多くて意外。

会社を辞めて良かったと思う事は何ですか?

外資系企業の事務の派遣だったので英語力がつきました。仕事も前の会社より楽で、給料はさほど変わらず、人間関係も良かったです。

前の会社で正社員していた時より派遣の方が人間らしい扱いをしてもらいました。差別されることもあまりなく、飲み会なども誘ってもらえました。人間関係も悪くはなかったです。IT業界は自分には向いていませんでした。

Re,IT業界はむいていなかったですか・・・。でも新しいことにチャレンジして割と自分にそれかあっていたとか、実は向いていたという話は多く聞く話なので、私もいろいろなことにチャレンジしようかなという意欲がわいてきました。

転職はどのようにして行いましたか?

派遣会社に登録しました。今はいろいろと手段も多くマイナビやバイトルとかに登録すればそんなに就職難になることはないかと思います。正社員だと分かりませんけど就職活動は意外と苦戦はしませんでした。

Re、インタビュー始めてから再就職に苦戦した話はあまり聞きませんね。運がいいだけなのか。昔は本媒体がメインでしたが今はインターネットで探し放題ですからね。

とりあえず私もマイナビとか有名どころには登録してますが、なんか色々目移りして会社辞めたい気分が加速するデメリットも(笑)

7、※現在フリーランサーの人にお聞きします。フリーランサーはぶっちゃけどうですか?

IT業界を辞めてから、派遣で働き始めて色々な職場を経験しました。翻訳会社で働く機会があって、翻訳を任せられたんです。

それが、きっかけで現在、翻訳の仕事をしています。在宅のフリーランサーの仕事ですが、営業も事務も実務も自分一人でやらないといけないから大変です。

でもIT関係のブラックな会社に比べたら、フリーランサーはホワイトすぎます。仕事が途切れると不安ですので稼げるときは気合いれて稼ぎます。がんばっただけ自分のスキルと稼ぎになるので今の働き方は気に入ってます。

Re,凄いバイタリティですね。人間の心理的に新しいことにチャレンジするという事は一定のストレスがかかるのが当たり前なんだそうですが、それを乗り越える力がもともとITさんにはあったという事ですね。前の会社も惜しい人材手放しましたね。

フリーランサーの大変さはよく聞かれる「すべて一人でやらなければいけない」という事ですね。これはサラリーマンからフリーになると一番最初にぶち当たる壁で、今まで会社にいろいろ丸投げしていたんだなーと気づかされるはず。

それでもフリーランサーがホワイトと言い切れるような環境が世の中にはたくさんあるってことですね。私もいい刺激になりました!ありがとうございます。

「某IT企業勤務」さんのインタビューを終えて

何件かインタビューをさせていただいて気が付いたのが、皆さん意外とフリーランサーの厳しさを分かった上で後悔していないという事。また、バイタリティーあふれる方が多く、違う職種にも躊躇なくチャレンジしてなじんでいるという事。

この2点は羨ましいというか正直凄いなと感じざるを得ない。インタビュー企画を考えた当初は実は、フリーランサーの失敗談や厳しさを知るために「簡単に会社を辞めるとこんなことになりますよ」というような気を引き締めるための情報コンテンツを考えていた。

私も様々な派遣会社、転職サイトヘッドハンティングしてくれるサイトなどに登録して自分を奮い立たせているがまだ足りないなと痛感した。自分には無理だと思っていた職種にも挑戦してみようかと新たな闘志に火が付いた。

 - 会社を辞めた体験談インタビュー