会社辞めたい。→辞めた。既婚30代ローン有り、子持ちの場合

辞めるには危険な時期。30代既婚、住宅ローン有り、子持ちの状態でサラリーマンを辞めるまでの道のり。

*

自作PCとIntel Core-i9 9900K。AMAZONの購入方法が裏技だった可能性。

   

巷をにぎわしている第9世代CPU Intel Core-i9 9900Kが10/19日に発売!しましたが全く供給が追い付かずユーザーの手に行き届いていない状態です。注文しましたが手元に未だ届かず。

Intel Core-i9 9900Kとは

第9世代インテルCoreプロセッサーの中でメインストリーム最上級に位置するCPUです。一言でいえば性能は高いが価格もお高いCPU。ちなみに普通の人はCPU単体で購入したりしませんが、いわゆる自作する人用の単体売りのパーツです。

細かい性能数値はこのブログのジャンルではないので割愛。すごいCPU!以上

単体売りのCPUパーツに需要があるのか?

正直自作パーツ界隈の需要がどのくらいあるのか不明です。近年スマホの急激な普及により若者のPC離れが進んでいるとのことなので、PCを所有することはおろか自作する人なんて極僅かだと思います。

ただしPCゲームの分野ではグラフィックボードやCPUの高性能化、4Kモニターの普及などによって以前より市場が賑わっている分野でもあると感じています。

最近ではe-Sportsと呼ばれるコンピューターゲームが盛んになってきており、知名度が上がるとともに賞金もプロスポーツ選手顔負けの金額になるなどニュースで取り上げられていました。

引きこもりのゲーマーがe-Sportsで人生一発逆転なんて夢がありますし、漫画とかになりそうです。

とはいえCPUパーツ単体売りの需要がそんなに高いかというと、やはりそんなにないと思います。(話題のパーツが発売されると秋葉原の有名店で深夜行列ができる等の風物詩はあるようですが)

単体売りではなく、PC丸ごとなら既に販売開始

大人の事情か、本当に供給不足なのか不明ですが、いろいろな経緯を調べるとCPUが供給不足になっているのは本当のようで価格が非常に高騰しているため、市場規模の小さい「単体売り」で入手した人は極僅かで、特別なコネクションがある人だけだと思います。

PCとして組みあがってる製品であれば極僅かな数だけ販売はした模様ですが、鬼のような価格です。

本来10/19日発売ですが、単体売りは延期されて10/27日とのこと。私は深夜並ぶわけにもいかないですしAMAZONで購入済みですが本当に発送されるのか不明です。

予約販売行っているお店、ほとんどなし。AMAZON予約は裏技だった?

発売日が迫っているにも関わらず、予約すらできないとは・・・。現在もその状況は続いています。予約開始した店舗もありましたがすぐに予約を打ち切っている状態です。

私の場合基本的にAMAZONでの買い物が多いので、今回もAMAZONで探していましたが見つからない・・・やはり予約販売すらしないのか?と思いマザーボードを探していたら関連商品に9900Kが表示されるではありませんか!

あった!と思ってカートに入れるもエラー。予約殺到かな?と思い何度か試すがエラー。とりあえずマザーボードを見ている途中だったので、ウィッシュリストに入れてマザーボードを物色したあと、最後にリストから購入したら決済まで完了。エラーは何だったのか?

ところがこの方法が、どうやら裏技扱いされているらしくキャンセルになる可能性があるとの情報も。現在上のような状況になっていますが噂の出どころ自体が某掲示板なので、その日が来るまで不明ですが。

ただ私と同じようにマザーボード物色中に関連商品からリストに入れて購入する流れになった人って、割と多いと思うんですよね・・・。うーんAMAZONさん頼むよ。

自作PCについての遍歴

最初から自作していたわけではなく、最初はクソみたいな性能のメーカー製ノートを所有していました。その後インターネットを使ったお仕事を副業にするときに、少しPCのことを勉強してBTOパソコンにたどり着きました。

PBTOパソコンとはPCショップなどで自分でパーツを選んで組み合わせて、パーツ自体を組むのは店員さんにやってもらって出荷をしてもらうPCです。メリットはメーカー製と違って不要な機能を省けるために価格を抑えて用途を絞ったPCにできることです。

なので性能のわりに安価なPCを組むことも可能です。デメリットは今となっては割と自由度が低いことです。カスタマイズといってもセミカスタマイズなのでコアな製品は選べず、いくつかのパーツの中から自分で選択出来たり、削除できるという程度です。

ただ自作入門にはちょうど良く、BTOパソコンをベースに部品を交換しているうちに、フルカスタマイズの自作PCになりました。メリットは部品単品で交換できるのでかゆいところに手が届きやすいことですね。

すべて単体で購入して自分で組むと安くなるかというとそうでもなく、それなりにお金はかかります。ただし自作はパーツの流用が聞くためトータルの金額を考えると時期が来たら丸ごと買い替えるという方法よりもかなり金額は抑えられます。

私のが愛は無駄なパーツを購入するので、その限りではありませんが。

BTOパソコンについて

有名どころのパソコンショップをいくつか。私が使ったことがあるのは【マウスコンピューター】
、あとはドスパラ、パソコン工房くらいでしょうか?かなり有名どころだと思います。マウスコンピューターなんかは印象に残るCMをやっているので、一般的な認知度が高いかもしれませんね。

サイコムは何となく上級者向けなイメージ(あくまでもイメージ)。フル自作できるようになった今はなかなかに気になるパーツがたくさんあります。

自作するほどの性能が必要か

目利きとある程度の知識があれば、オークションなどをフル活用して2~3万もあれば実用に耐えうるPCを作ることはできますし、中古のノートPCでも現在は3万も出せばそこそこの性能のものが購入できます。

私が自作をしている意味とか利点は全くありません。そもそも私はPCでゲームもしなければ、動画のエンコードを回し続けるといった重い作業も全くしません。重めのアプリといえばアドビ系は使用しますが、それでもそんなに重い作業はしません。

なぜ、自作するのか。しかも安く仕上げるための自作ではなく、完全に道楽者が購入するようなCPUである9900Kを購入するという愚かな行動。

たぶん私に必要とされるCPUは中古で1000円で売られているcore i3-550とかで十分なんじゃないだろうか?完全なる無駄です。※↓リンクからは購入できません。ただの画像です。

でもそういうのってありませんか?女性が使いもしないバックをクローゼットの肥やしにしたり、スマホアプリに課金したり。ちなみに私もスマホアプリに課金したことがあり、そのアプリはサービス終了しましたが課金したことに対して後悔は全くありません。

価値観(音楽性の違い)の問題でしょう。深く考えると世の中、意味のないことや無駄なことで満ち溢れていますよ。

それがビジネスにつながったりしますから、何を無駄と考えるかはそれこそ価値観次第です。(最後に自作パソコンを正当化した!)

 

 

 

 - デジタルもの, 会社を辞めてからの記録